ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜市議会定例会が開会 通学路の整備前倒し実施へ

岐阜市議会定例会が開会 通学路の整備前倒し実施へ

岐阜市議会の定例会は25日開会し、柴橋正直市長は提案説明で、千葉県八街市で小学生...

 岐阜市議会の定例会は25日開会し、柴橋正直市長は提案説明で、千葉県八街市で小学生の列にトラックが突っ込んだ事故を受け、通学路の整備を前倒して進める考えを示しました。

※柴橋正直市長
 「本年6月の千葉県で下校中の児童がまき込まれた事故を受け実施した通学路の緊急合同点検結果に速やかに対応する」

 通学路の整備は市単独の事業で、道路の舗装や側溝、防護柵の整備などに1億3400万円を確保し、来年度にわたって実施する方針です。

 定例会では今年度の一般会計補正予算案など計85議案が上程されました。

 一般会計補正予算案は、事業費2646万円を増額するもので、島放課後児童クラブの施設の工事入札が不調になったことにより、増額する建設費の上乗せ分、約1800万円などを盛り込みました。

 定例会の会期は12月13日までの19日間で、一般質問は12月2日から4日間行われます。

関連記事