ニュース

  • ニュース一覧
  • リニア中央新幹線 トンネル工事の安全徹底を確認 岐阜県中津川市

リニア中央新幹線 トンネル工事の安全徹底を確認 岐阜県中津川市

リニア中央新幹線のトンネル工事で崩落事故が相次いでいることを受け、JR東海は25...

 リニア中央新幹線のトンネル工事で崩落事故が相次いでいることを受け、JR東海は25日、、岐阜県で初となる「安全推進協議会」を中津川市で開き、再発防止に向けて意見交換しました。

 リニア中央新幹線の工事を巡っては、10月27日、中津川市内のトンネル工事現場で崩落事故が発生し、作業員2人が死傷したほか、11月8日にも長野県のトンネル工区で1人が負傷する事故が起きています。

 25日、中津川市内で開かれた協議会の初会合には、JR東海や施工関係者ら約40人が出席し、山間部の工事の安全性について意見交換しました。

※JR東海代表 中央新幹線建設部 名古屋建設部 梅村哲男担当部長
 「今回の事故につきましては非常に重く受け止めております。二度とこのようなことがないように事故防止に努めてまいりたい」

 梅村担当部長によりますと、会議では作業員の頭上に防護ネットを張るなどの事故防止に向けた取り組み事例が話し合われたということです。

関連記事