ニュース

  • ニュース一覧
  • 大垣養老高校 創立100周年記念式典 リモートで開催

大垣養老高校 創立100周年記念式典 リモートで開催

養老郡養老町にある大垣養老高校の創立100周年を記念する式典が開かれました。 県...

 養老郡養老町にある大垣養老高校の創立100周年を記念する式典が開かれました。

 県立大垣養老高校は1921年に前身の安八郡立農学校として開校しました。

 2005年に、県立大垣農業高校と県立養老女子商業高校が統合し現在の高校となりました。

 式典は新型コロナウイルスの感染を防ぐためリモート形式で行われました。

 はじめに環境園芸科草花専攻生の6人が2つのチームに分かれて「花いけバトル」を行い、真剣な表情で式典を彩る花を生けていきました。

 式典で、高木徳彦校長はこれまでの100年を振り返り、これからも地域に貢献できる人材を育てていきたいと語りました。

※高木徳彦校長
 「2万4000人にのぼる卒業生の方々の努力と社会での活躍の上にあります。私は、この多様性こそが大垣養老高校の良さであり強みであると思います」

関連記事