ニュース

  • ニュース一覧
  • 関市の中学生 映画館で身近な職業の楽しさややりがいを学ぶ

関市の中学生 映画館で身近な職業の楽しさややりがいを学ぶ

中学生に映画の仕事の魅力を伝え理解を深めてもらおうと関市の映画館で22日、体験学...

 中学生に映画の仕事の魅力を伝え理解を深めてもらおうと関市の映画館で22日、体験学習が行われました。

 22日、関市のシネックスマーゴを訪れたのは、関市立富野中学校の1、2年生あわせて31人です。

 これは県の後継者育成支援事業の一環で、今回は映画館での体験学習を通して身近な職業の楽しさややりがいを学ぶために行われました。

 生徒は映画を鑑賞したあと県映画協会の磯谷貴彦事務局長から映画館のスタッフの仕事や入場料の仕組みなどについて説明を受けました。

 その後、チケットの販売所や売店のバックヤードで実際に働く人の姿を熱心に見学していました。

※女子生徒
 「普段とは違う目線で、お客様を見ることができたりしたので、とても楽しかったです」

※男子生徒
 「どんな仕事が大変で、どんなことがやっていてよかったなというように思えたかが、よく知れました」

関連記事