ニュース

「岐阜まち歌舞伎」2年半ぶりに開催

毎年、岐阜まつりに合わせて行われてきた「岐阜まち歌舞伎」が21日、岐阜市の岐阜小...

 毎年、岐阜まつりに合わせて行われてきた「岐阜まち歌舞伎」が21日、岐阜市の岐阜小学校でおよそ2年半ぶりに開催されました。

 「岐阜まち歌舞伎」は岐阜市の岐阜町若旦那会が2012年から開催していて、今回で9回目です。毎年4月の岐阜まつりの前夜祭として地元の伊奈波神社で披露してきましたが、新型コロナウイルスの影響で中止が続き、約2年半ぶりの上演になりました。

 ことしの演目は、古典落語「らくだ」を題材にした演目「駱駝(らくだ)がくる」で、若旦那会や岐阜歌舞伎保存会のメンバーの他地元の小中学生も出演しました。来場者は人情味あふれる芝居に見入っていました。

 ★岐阜町若旦那会 藤居進一会長
「子どもたちにも参加して頂いているので、文化の継承をできたら良いなと思っています。」

 公演は2回公演で、後日、オンラインでも配信されるということです。

関連記事