ニュース

FC岐阜1対2で八戸に敗れ、J2昇格ならず

 サッカーJ3のFC岐阜は第28節の21日、アウェイで八戸に1対2で敗れ勝点差で昇格条件2位以内に届かず、残り2試合を残して、J2昇格の可能性は無くなり、今季4位以下が確定しました。

 FC岐阜は残り3試合の中、今節の勝利で、なおかつ2位の熊本が引き分けまたは敗れることが残り2試合での昇格への望みを繋ぐ条件でしたが、正念場の今節はスタメンで窪田、柏木に替えて村田、吉濱を起用したFC岐阜はここ8試合勝利のない八戸に前半15分に先制を許し、さらに31分には今季で八戸退団が決まっている前田にゴールを決められ、0対2で前半を折り返しました。ホーム最終戦の八戸は細かいパス回しから積極的にゴールを狙い、前半のシュート数は八戸8本、岐阜1本でした。

 FC岐阜は後半、橋本、山内を入れ、巻き返しを図るものの八戸の粘り強い守りに阻まれ、25分には富樫、パウロン、31分に粟飯原を投入しますが、流れを変えることはできず、後半アディショナルタイムに右CKのショートコーナーからのクロスに富樫が頭で合わせ1点を返しますが、そのまま試合終了、1対2で敗れ、今季3度目の連敗を喫しました。八戸はホーム最終戦を白星で飾り9試合ぶりの勝利です。

FC岐阜1(0-2、1-0)2ヴァンラーレ八戸

 今節の結果、熊本が勝点を51に伸ばして首位に返り咲き、2位宮崎は富山に負けて勝点50のまま、3位岩手は勝利で勝点を49とし岐阜は勝点差で届かず、今季2位以内の昇格圏内の可能性が消えるとともに、4位以下が確定しました。FC岐阜は第28節を終えた時点で12勝4分10敗、順位は6位のまま変わりません。

 次節(28日)はホーム最終戦で藤枝と対戦します。

関連記事