ニュース

冬の風物詩 高山市で「雪吊り」始まる

冬の間、雪の重みから木の枝を守る「雪吊り」の作業が高山市で始まりました。 19日...

 冬の間、雪の重みから木の枝を守る「雪吊り」の作業が高山市で始まりました。

 19日、高山市の中心部中橋の周辺では地元の造園業者が松の木にのぼって縄を上から垂らすと、下にいるほかの人たちが松の枝に結び付けて整えていきました。

 訪れた観光客らが作業の様子を見守っていました。

 雪吊りは積もった雪の重みで枝が折れるのを防ぐもので、市が管理する公園などで計50本ほどの松に施されます。

 作業は1週間ほど続き、本格的な冬の訪れに備えることにしています。

関連記事