ニュース

  • ニュース一覧
  • 「SDGs」推進に取り組む顧客への支援を強化 十六FG が東京海上日動火災保険と協定締結

「SDGs」推進に取り組む顧客への支援を強化 十六FG が東京海上日動火災保険と協定締結

十六フィナンシャルグループは、「SDGs」推進に関する協定を東京海上日動火災保険...

 十六フィナンシャルグループは、「SDGs」推進に関する協定を東京海上日動火災保険と締結しました。

 今後、顧客企業の課題解決などに活用されます。

 「SDGs推進に関する包括連携協定」は、十六フィナンシャルグループが、「SDGs」推進に取り組む顧客への支援を強化することを目的に締結されました。

 締結式で、十六フィナンシャルグループの白木幸泰取締役専務執行役員は「地域の経営者の取り組みをより具体的に支援できるようになる」と期待を込めました。

 また、東京海上日動火災保険の鹿子木 満常務執行役員はこれまで十六銀行と連携して行ってきた事業を引き継ぎ、「社会の課題解決に努めたい」と述べ、協定の意義を強調しました。

 これにより、今後、十六銀行では、顧客の「SDGs」に対する取り組み状況を診断するツールを使って会社の課題解決につなげるなど、関連するサービスを展開していくとしています。

関連記事