ニュース

  • ニュース一覧
  • 開発商品をドライブスルー販売 東濃実業高校の生徒

開発商品をドライブスルー販売 東濃実業高校の生徒

商業科で販売戦略などを学ぶ東濃実業高校の生徒が10日、企業と連携して開発した商品...

 商業科で販売戦略などを学ぶ東濃実業高校の生徒が10日、企業と連携して開発した商品を学校内で「ドライブスルー」方式で販売しました。

※生徒
 「いらっしゃいませー!」

 「ドライブスルー販売」を行ったのは、可児郡御嵩町にある県立東濃実業高校で商品開発や販売戦略などを学ぶ3年生30人です。

 学校では毎年、岐阜市の食品加工会社と連携して、生徒が製品開発の流れを学ぶことができる取り組みを行っていて、ことしは地元産の豚肉と鶏肉、ニンニクを使った食品を開発しました。

 しょうゆを使った甘辛い味に仕上げられていて、サンドイッチや丼など様々な料理に使えるということです。

 新型コロナ対策として、販売は「ドライブスルー」方式で行われ、生徒たちは熱心に呼び込み接客していました。

※買い物に来た女性
 「高校生の子と直接やり取りができることは普段ないので、楽しかった」

 販売は12月まで4回行われます。

関連記事