ニュース

  • ニュース一覧
  • 泥棒から特産柿を守れ JAぎふと警察がパトロール

泥棒から特産柿を守れ JAぎふと警察がパトロール

岐阜県内で10月下旬から11月にかけて柿の盗難被害が相次ぐ中、JAぎふと警察によ...

 岐阜県内で10月下旬から11月にかけて柿の盗難被害が相次ぐ中、JAぎふと警察によるパトロールの出発式が9日本巣市で行われました。

 出発式は本巣市のJAぎふ糸貫流通センターで行われ、JAぎふの職員や北方警察署の署員らあわせて約40人が参加しました。

※北方警察署 中島俊仁署長
 「農産物を丹精込めて作られた生産者の心を無にするような卑劣な犯罪を決して許してはならないということで、きょうからさらに警戒を強めてまいりたいと思います」

 出発式の後、収穫の最盛期を迎える本巣市内の柿畑を署員らが手分けしてパトロールしました。

 また、道の駅では利用客にチラシを配り盗難への警戒を呼び掛けました。

 県内では岐阜市の畑で富有柿約6万個が被害に遭うなど柿が大量に盗まれる事件が相次いでいて、警察によりますと、県内の柿を含む農作物の盗難被害額は先月末時点で去年の4倍の約520万円に上っています。

関連記事