ニュース

大垣市の学習塾 塾講師に児童虐待防止セミナー

11月は国が定める「児童虐待防止推進月間」です。 コロナ禍で子どもへの虐待が懸念...

 11月は国が定める「児童虐待防止推進月間」です。

 コロナ禍で子どもへの虐待が懸念される中、周囲が子どもを気に掛ける環境づくりを進めようと、岐阜県大垣市の学習塾が9日、講師を対象にセミナーを開きました。

 セミナーを開いたのは西濃地域に6校を展開する学習塾「聖陵学院」です。

 子どもと接する機会の多い塾講師に児童虐待への理解を深めてもらおうと開催されました。

 大垣市にある本部校には児童虐待防止全国ネットワークの吉田恒雄理事長が招かれ、参加した塾講師7人に対し「虐待は発見が難しく、第三者の気づきが必要」と指摘した上で、「子どもらしくない振る舞いや言動は虐待の兆候。恐れず専門機関へ通告を」と訴えました。

関連記事