ニュース

  • ニュース一覧
  • 「おいしい野菜をつくって」岐阜聾学校へ水耕栽培セット寄贈 

「おいしい野菜をつくって」岐阜聾学校へ水耕栽培セット寄贈 

地域の子どもたちに農業を学んでもらおうと、岐阜市の企業が水耕栽培が体験できるセッ...

 地域の子どもたちに農業を学んでもらおうと、岐阜市の企業が水耕栽培が体験できるセットを岐阜聾学校に贈りました。

 水耕栽培のセットは農業資材を販売する「山正」が聾学校の創立90周年を記念して寄贈したものです。

 5月に組み立てられ、発泡スチロールの水槽でミニトマトが根を張り今では高さおよそ3メートル、校舎の2階に届くほど大きく成長しました。

 贈呈式では堅田充宏社長が代表の児童に目録を手渡し、児童からお礼状を受け取ると赤く色付いた実を取って一緒に味わいました。

※小学部6年生
 女子児童「甘くてすごくおいしかったです」
 男子児童「甘くておいしいです」

※山正 堅田充宏社長
 「とてもうれしく思っています。これからも栽培してもらい、いろいろなことを学んでもらってぜひおいしい野菜を作ってもらえればと思います」

関連記事