ニュース

  • ニュース一覧
  • 美味しい「美濃いび茶」の入れ方は? 本巣市でワークショップ

美味しい「美濃いび茶」の入れ方は? 本巣市でワークショップ

急須でいれた美濃いび茶の美味しさを知ってもらおうと、ワークショップが、6日、本巣...

 急須でいれた美濃いび茶の美味しさを知ってもらおうと、ワークショップが、6日、本巣市のモレラ岐阜で開かれました。

 これは、ペットボトルの茶を飲む機会が増える中、茶がもつ本来の味や香りを楽しんでもらおうとJA全農岐阜と岐阜新聞社が企画しました。

 ワークショップはオンラインでも配信され、親子連れらおよそ20人が参加しました。

 講師を務めたのは日本茶インストラクターの藤森茂美さんです。

 ※日本茶インストラクター 藤森茂美さん
「もう1回、最後の1滴まで入れてください」

 藤森さんは、主に揖斐川町や池田町で生産される「美濃いび茶」の茶葉を使い、急須で入れる時の量や湯の温度などを説明していきました。

 参加した人たちは、茶の奥深さを学び魅力を感じていました。

関連記事