ニュース

  • ニュース一覧
  • 大垣日大決勝進出ならず 秋季東海地区高校野球大会・準決勝

大垣日大決勝進出ならず 秋季東海地区高校野球大会・準決勝

 秋季東海地区高校野球大会4日目の6日、愛知・岡崎市民球場で準決勝が行われ、岐阜2位の大垣日大は静岡1位の日大三島に5対10で敗れ、7日の決勝進出はなりませんでした。

 大垣日大は初回に5番米津の2点タイムリーで先制したものの、その裏2アウト満塁から守りのミスで2点を返され、同点に追いつかれました。

 大垣の先発はエース五島で、1回裏に山田渓太に繋ぎ、山田がこの試合も好リリーフを見せたものの、5回裏2アウト1・2塁のピンチを迎え再び登板した五島がタイムリーを許し、再登板した山田も2点タイムリーを打たれてこの回4点を失い、さらに6回には三島の4番松永に満塁ホームランを浴び、2対10と大量リードを奪われました。

 大垣日大は7回に1番河村のタイムリーと押し出しで2点を返し、続く8回にも1点を返し粘りをみせますが、結局5対10で敗れました。

 これで今大会出場の岐阜県勢3校(中京、大垣日大、岐阜第一)はいずれも姿を消しました。

大垣日大200|000|210|5
日大三島200|044|00✕|10

関連記事