ニュース

  • ニュース一覧
  • 生産現場を“カイゼン” 中小企業の関係者ら交流

生産現場を“カイゼン” 中小企業の関係者ら交流

生産現場の「カイゼン」に取り組む中小企業の関係者が、関市の機械部品メーカー鍋屋バ...

 生産現場の「カイゼン」に取り組む中小企業の関係者が、関市の機械部品メーカー鍋屋バイテックの工場を見学し、交流しました。

 工場見学と交流会に参加したのは、岐阜県と愛知県で製造業を営む中小企業12社の関係者で、県信用保証協会などが企画する「カイゼンコミュニティ」の会員企業です。

 企業の担当者は、自社で取り組んでいる「カイゼン」について紹介。

 現場の社員の声を聞き、試行錯誤を繰り返しながら作業工程を見直して、効率化に成功した事例などが報告されました。

 県信用保証協会の渡辺直部長は「『カイゼン』は継続が大切。今後も取り組みを続けていく」と話しました。

関連記事