ニュース

一体だれが...先月から柿の盗難相次ぐ

山県市で10月23日から11月3日にかけて、柿畑から渋柿合わせて7400個が盗ま...

 山県市で10月23日から11月3日にかけて、柿畑から渋柿合わせて7400個が盗まれていたことが分かりました。

 被害にあったのは山県市掛にある、いずれも68歳の男性2人が所有する柿畑で、渋柿あわせて7400個、時価14万円相当が盗まれていました。

 3日の朝、柿畑の様子を見に行って盗まれているのを見つけ、警察に届け出ました。

 先月23日の確認では異常はなかったことから、それ以後、3日にかけて盗まれたとみられています。

 警察によりますと、道路沿いの柿は盗られておらず道路から奥にかけてもぎ取られた状態だったということです。

 盗まれた渋柿は、山県市特産品の連柿用の「いじらおおみ」です。

 県内では岐阜市の柿畑で10月21日と24日に柿あわせておよそ6万個が盗まれており、警察が関連についても調べています。

関連記事