ニュース

衆院選 岐阜県内の当選者に証書授与

10月31日に投開票が行われた衆議院選挙。 岐阜県内の小選挙区で当選を果たした自...

 10月31日に投開票が行われた衆議院選挙。

 岐阜県内の小選挙区で当選を果たした自民党の5人への当選証書付与式が2日、県庁で行われました。

 付与式には、岐阜3区で5回目の当選を果たした武藤容治さんと、岐阜4区で2回目の当選を果たした金子俊平さん、その他の選挙区で当選した3人の代理人が出席しました。

 式では県選挙管理委員会の大松利幸委員長が出席した5人に当選証書を手渡しました。

 今回の衆議院選挙では前回に引き続き、県内の全選挙区で自民党が議席を独占しました。

 武藤容治さんは「どう選択を受けるかという意味では不安を持った選挙だった。まずはコロナを抑えることが最優先。傷んだ経済を取り戻すことに全力を尽くす」と話しました。

 また、金子俊平さんは「選挙戦はまず厳しかった。多くの支援者の方に本当に感謝の一言に尽きる。選挙でお約束させていただいたことを忠実に実行していく」と話しました。

関連記事