ニュース

岐阜ラグビースクール 岐阜市長を表敬訪問

9人制ミニ・ラグビーの第14回ヒーローズカップ東海北陸大会を前に岐阜ラグビースク...

 9人制ミニ・ラグビーの第14回ヒーローズカップ東海北陸大会を前に岐阜ラグビースクールの選手が岐阜市役所を訪れました。

 岐阜市の柴橋正直市長に大会への出場を報告したのは岐阜ラグビースクールの選手11人らです。

 11月6日から郡上市で始まる東海北陸大会には28チームが出場します。

 上位8チームがセカンドステージに進出し、さらに、その中から上位2チームは2022年1月29日と30日に横浜市で開かれる決勝大会に進みます。

 柴橋市長は「コロナ禍の中、練習時間が短く大変な中で、コンディションを作ってきたと思うががんばってほしい」と激励しました。

※キャプテン 中村晴路郎選手
 「僕が声とかでチームのみんなを支えて、みんなももっとレベルアップできるようにがんばっていきたいです。東海北陸大会にはさまざまな強いチームも参加するので、まずは東海北陸予選を突破して、全国に行きたいですね」

 岐阜ラグビースクールはファーストテージ2日目(11月7日)の1回戦で豊橋ラグビースクールと対戦します。

関連記事