ニュース

  • ニュース一覧
  • 衆院選 岐阜自民、保守王国の底力発揮 全5選挙区守る

衆院選 岐阜自民、保守王国の底力発揮 全5選挙区守る

10月31日投開票された第49回衆議院議員選挙。 岐阜県では5つの小選挙区すべて...

 10月31日投開票された第49回衆議院議員選挙。

 岐阜県では5つの小選挙区すべてで自民党の前職が議席を守ったうえ、野党の比例復活も許さず保守王国の底力を示しました。

 県内では前回に続いて、すべての小選挙区で自民の前職が議席を守りました。

 このうち前職同士の対決となった岐阜4区では、再選を目指した自民の金子俊平さんが立憲の今井雅人さんとの大激戦を制しました。今井さんは比例での復活もかなわず5回目の当選を逃しました。

 また岐阜5区では自民前職の古屋圭司さんが、25歳という若さを前面に挑んだ立憲新人今井瑠々さんの追い上げをかわして11回目の当選を決めるなど、自民は保守王国の底力を示しました。

 一方の野党は、岐阜3区や岐阜4区で野党共闘による候補者の一本化を進めましたが、県内で唯一守ってきた比例区の議席も失う厳しい結果となりました。

関連記事