ニュース

  • ニュース一覧
  • 大垣日大が享栄下しベスト4進出 秋季東海地区高校野球大会2日目

大垣日大が享栄下しベスト4進出 秋季東海地区高校野球大会2日目

 秋季東海地区高校野球大会は2日目の31日、愛知・刈谷球場と岡崎市民球場で1・2回戦が行われ、岐阜県勢は岐阜2位の大垣日大が愛知1位の享栄に3対2で逆転勝ちし、来月6日の準決勝に駒を進めました。また、岐阜3位の岐阜第一は愛知2位の至学館に3対5で逆転負けを喫しました。勝った大垣日大は6日の準決勝で日大三島と対戦します。

 初回に2点を先制された大垣日大は2回表に1番河村のタイムリーで1点を返し、6回表には2アウト3塁から1番河村の内野安打で同点に追いつきました。さらに7回表に2アウト1・2塁から6番山田のタイムリーで1点を勝ち越し3対2としました。前日に続き6回途中からマウンドに上がった山田渓太が完璧なリリーフを見せて後続を断ち、そのまま逃げ切りました。勝った大垣日大は6日の準決勝で静岡1位の日大三島と対戦します。

 一方、初回に3番小澤のタイムリーなど5本のヒットで3点を先制した岐阜第一はエース弘川が1失点で中盤まで踏ん張ったものの6回に捕まり、3対3の同点に追いつかれました。さらに7回にはワイルドピッチで1点を失い3対4と勝ち越しを許し、8回にはスクイズで1点を奪われ3対5とされ、逆転負けを喫しました。

 大垣日大010|001|100|3
 享  栄200|000|000|2


 至学館 010|002|110|5
 岐阜第一300|000|000|3

 【岐阜県勢】
 ※3日・2回戦(岡崎市民球場)
 中京 対 聖隷クリストファー
 ※6日・準決勝(岡崎市民球場)
 日大三島 対 大垣日大

関連記事