ニュース

  • ニュース一覧
  • 大垣日大が静岡下し2回戦へ 秋季東海地区高校野球大会開幕

大垣日大が静岡下し2回戦へ 秋季東海地区高校野球大会開幕

 来年春のセンバツ高校野球出場校選考資料の対象となる秋季東海地区高校野球大会が30日開幕し、岐阜2位の大垣日大は静岡3位の静岡を7対2で下し、31日の2回戦に駒を進めました。

 大垣日大は先発五島が初回に1点を失いましたが、3回表に1番河村のタイムリーで同点に追いつき、4回表には4番西脇のソロホームランと7番日出山、8番山田の連続タイムリーなどで一挙4点を奪い、5対1とリードしました。さらに5回にも5番米津のタイムリーと8番山田の犠牲フライで2点を加え、7対1とリードを広げました。
大垣日大は5回裏にエース五島から山田渓太に繋ぎ、山田が静岡打線を5回6安打1失点に抑え、7対2で勝ちました。(※五島は4回被安打6、1失点)

 大垣日大001|420|000|7
 静  岡100|000|100|2

 勝った大垣日大は31日、岡崎市民球場の第一試合で愛知1位の享栄と対戦します。
31日の1回戦のもう1試合は三重2位の津商業が6対3で愛知3位の中部大春日丘に勝ちました。

 大会2日目(31日)
 【刈谷球場】=1回戦2試合
 岐阜第一(岐阜3位)対 至学館(愛知2位)
 聖隷クリストファー(静岡2位)対 津田学園(三重3位)
 【岡崎市民球場】=2回戦2試合
 大垣日大(岐阜2位)対 享栄(愛知1位)
 日大三島(静岡1位)対 津商(三重2位)

関連記事