ニュース

小学生が舟下りを体験 岐阜県大垣市の水門川

岐阜県大垣市の西小学校の6年生が26日、水門川で舟下りを行いふるさとの自然や文化...

 岐阜県大垣市の西小学校の6年生が26日、水門川で舟下りを行いふるさとの自然や文化、歴史などを学びました。

 この体験はふるさとの歴史や文化に触れ、愛着と誇りに思う気持ちをより深めるために毎年5年生を対象に行われています。

 26日は新型コロナウイルスの影響で去年体験できなかった6年生約100人が乗船しました。

 児童らは7~8人ずつ舟に乗り込み、新大橋西から四季の広場までおよそ30分かけ川を下り、船頭さんの話を聞きながら舟から秋の景色を楽しみました。

※男子児童
 「楽しかったです」
※女子児童
 「いろんなことを知れたので、いい経験になりました」

 また、松尾芭蕉の奥の細道むすびの地にちなみ、児童たちは船を下りた後、体験を通して感じたことを俳句にしたため、発表しました。

関連記事