ニュース

  • ニュース一覧
  • 自然とアートの融合を楽しむ 春日 森の文化博物館

自然とアートの融合を楽しむ 春日 森の文化博物館

揖斐郡揖斐川町にある春日森の文化博物館が、約10年使われていなかった探検ランドを...

 揖斐郡揖斐川町にある春日森の文化博物館が、約10年使われていなかった探検ランドをリニューアルしました。

 春日 森の文化博物館は旧春日村が1995年に開館しました。

 しかし、施設の老朽化が進み、探検ランドは約10年間使われていませんでした。

 多くの人に魅力を発信しようとリニューアルしたもので、大垣市にある情報科学芸術大学院大学の教員らが手がけた作品を展示しています。

 骨組みを残した建物に特殊な模様のフィルムをつり下げ、コンピューターで製作した音や春日地区などの映像が流れます。

 五感を使って自然を楽しんでもらおうと文字は少なくしています。

※情報科学芸術大学院大学 瀬川晃 准教授
 「森と一緒に作品を見るというところを、森を散策しながら考えました。

 森の気配を、作品を通して感じてもらえたらいいなと思っています。」

 また、リニューアルを記念した企画展も開かれていて、岐阜市出身の渡辺悠太さんら4人の作家の作品約20点が並びます。

 「森」がテーマで、博物館の周りにある樹齢400年のトチノキも描かれています。

 企画展は、10月31日まで開かれています。

関連記事