ニュース

  • ニュース一覧
  • 食べる楽しみを実感 高山市の小学校で〝食のプロ〟が「味覚の授業」

食べる楽しみを実感 高山市の小学校で〝食のプロ〟が「味覚の授業」

子どもたちに五感を使って味わうことの大切さを学んでもらおうと、フランス料理のシェ...

 子どもたちに五感を使って味わうことの大切さを学んでもらおうと、フランス料理のシェフから学ぶ味覚の授業が岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の栃尾小学校で行われました。

 これは、「GIFU食のマイスタープロジェクト事業」の一環で、県教育委員会と県調理師連合会の主催で行われました。

 栃尾小学校では、県調理師連合会の会長でフランス料理のシェフ大脇房夫さんを講師に、6年生10人が味覚の授業を受けました。

 授業では、聴覚や視覚、触覚や味覚、臭覚の五感がどのように味に作用するか、実際に塩や酢、
砂糖やカツオブシなどを味わいました。

 子どもたちは舌で感じる塩味や甘味、酸味や苦味、旨(うま)味の基本を学び、味わうことの大切さや、食べることの楽しみを実感。

 「これからの生活で、しっかり味わって食べられるようにしたい」「一つ一つ食べ物の味を感じながら食べられるようにしたい」などと話していました。

関連記事