ニュース

  • ニュース一覧
  • クマ対策の爆竹 衆議院選挙で山あいの投票所用に 岐阜県高山市

クマ対策の爆竹 衆議院選挙で山あいの投票所用に 岐阜県高山市

10月31日に投開票される衆議院選挙に向けて、多くの投票所が山あいの地域に設けら...

 10月31日に投開票される衆議院選挙に向けて、多くの投票所が山あいの地域に設けられる岐阜県高山市は、冬眠前のクマが出没する可能性があるとして、爆竹を準備しました。

 大きな破裂音や火薬のにおいでクマを追い払うために、高山市の選挙管理委員会が用意した爆竹30箱です。

 この時期、冬眠前のクマがエサを求めて投票所の近くに出没するおそれがあるため、備えています。

 2021年はドングリが豊作で例年に比べて、クマの目撃情報は少ないということですが、情報が寄せられたら配ります。

※高山市選挙管理委員会 石腰洋平書記長 
 「もしもの時のために爆竹も準備しております。安全な状態で投票に来ていただけるように準備をしております」

 一方、高山市役所の期日前投票所には、飛騨地方に伝わる伝統の漆塗り「飛騨春慶」の技法を使った投票箱が置かれています。

 飛騨春慶の魅力を知ってもらおうというもので、投票に訪れた人たちの関心を引いています。

関連記事