ニュース

  • ニュース一覧
  • 鵜の健康診断 「鵜にとっても物足りない1年」 岐阜県岐阜市

鵜の健康診断 「鵜にとっても物足りない1年」 岐阜県岐阜市

岐阜県岐阜市の長良川鵜飼が10月15日に閉幕したことを受けて21日、鵜の健康診断...

 岐阜県岐阜市の長良川鵜飼が10月15日に閉幕したことを受けて21日、鵜の健康診断が行われました。

 鵜の健康診断は、岐阜市が毎年、長良川鵜飼のシーズンの前と後に行っています。

 21日、獣医師が岐阜市にある鵜匠代表の杉山雅彦さんの自宅を訪れ、22羽の鵜の体重を測ったあと、伝染病の予防接種や血液検査などをしました。

 ことしの鵜飼は新型コロナウイルスや大雨の影響で、観覧船の運航中止は90日にのぼり、これまでで最も多くなりました。

※杉山雅彦鵜匠代表
 「体調の管理も大変難しかったところもありますし、例年よりちょっと体重は多めかなと思いますけど、鵜にとっても物足りない1年だったろうと思いますし。来季は元に戻るのが一番いいですけども、なるべく川で漁ができる機会を多く作れるような状況は考えていきたいと思います」

 21日は、合わせて約100羽の鵜を診断し、結果は概ね良好でした。

関連記事