ニュース

  • ニュース一覧
  • 岸田首相が岐阜県可児市で演説 新型コロナ対策訴える

岸田首相が岐阜県可児市で演説 新型コロナ対策訴える

自民党総裁の岸田文雄首相が21日、岐阜県可児市で演説し、新型コロナ対策に力を入れ...

 自民党総裁の岸田文雄首相が21日、岐阜県可児市で演説し、新型コロナ対策に力を入れると訴えました。

 岸田首相は衆議院選挙の党の公認候補の応援のため、就任後初めて岐阜県に入りました。

※岸田文雄首相
 「わたしたちのあす、そして皆さん一人一人の未来を選択する大切な選挙です」
 「経済対策を用意して皆さんに協力をお願いしながら、ワクチン、検査、治療薬、この流れをしっかりつくっていって、できるだけ平時の社会経済活動を取り戻す」

 岸田首相は自公政権の実績を示し、引き続き、コロナ対策に力を入れると訴えました。

 さらに、観光業については「飛騨高山や下呂温泉、白川郷は世界に誇る観光地」として、新たな旅行キャンペーンを実施する方針を示しました。

 また、農産品の輸出産業に関わり「飛騨牛は日本の重要なセールスポイントだ」と強調しました。

関連記事