ニュース

  • ニュース一覧
  • 「地域に活気取り戻したい」 岐阜県笠松町の建築デザイン会社 パン屋をオープン

「地域に活気取り戻したい」 岐阜県笠松町の建築デザイン会社 パン屋をオープン

長引くコロナ禍で冷え込んでしまった地域経済に少しでも活気を取り戻そうと、羽島郡笠...

 長引くコロナ禍で冷え込んでしまった地域経済に少しでも活気を取り戻そうと、羽島郡笠松町にある建築デザイン会社が、異業種への参入に挑戦します。

※K’S PROJECT代表取締役・岡田光峰奏さん
 「こちらが、今月オープンするパン屋です」

 主に商業施設のデザインや施工を手掛けている笠松町の建築デザイン会社「K’S PROJECT」が始めるのは「パン屋さん」。

 北海道で生まれた人気店「ペンギンベーカリー」の岐阜第1号店です。

※K’S PROJECT代表取締役・岡田光峰奏さん
 「昨年ですが『カレーパングランプリ』で、カレーパンが日本一になって、食パンが北海道産小麦を使っていて、大変おいしいのが特長」

 白と木目を基調とした明るい店内。

 菓子パンや総菜パンなど、およそ80種類を取り扱う予定です。

※K’S PROJECT代表取締役・岡田光峰奏さん
 「パート合わせて従業員40人くらい(雇用した)。少しでも岐阜を盛り上げることができれば。コロナの時期、皆さんにおいしいものを届けたいなという」

 岐阜で生まれ育った「K’S PROJECT」代表の岡田光峰奏さん。

 コロナ禍の今だからこそ、岐阜の街に賑わいを取り戻すきっかけになればと話します。

※K’S PROJECT代表取締役・岡田光峰奏さん
 「(異業種への参入に)不安はあったが、岐阜にどれだけ幸せを届けられるのか、大変楽しみにしている」

 長引くコロナ禍。異業種への参入という「変化」が、地域経済活性化の可能性につながると、関係者は期待を寄せます。

※十六銀行 支店長代理・田口 弘明さん
 「『アフターコロナ』『ウィズコロナ』『事業再構築』いずれも共通することは、現状からの変革、そして新しいことへの挑戦だと思う。次々と、ほかの新しい挑戦が生まれ、ひいては岐阜の活性化に繋がればと期待している」

 「ペンギンベーカリー」岐阜1号店は、10月22日にオープンします。

関連記事