ニュース

秋季県高校野球大会準々決勝 ベスト4出揃う

 秋季県高校野球大会は20日、準々決勝が行われ、中京、県岐商、岐阜第一、大垣日大がベスト4進出を決めました。

 中京は関商工を6回コールド11対1で下し、県岐商は美濃加茂に8回コールド9対2で勝ちました。また、岐阜第一は9対4で大垣商業を退け、大垣日大は1対0で帝京大可児に競り勝ちました。

 来春のセンバツの選考資料となる東海大会出場は県大会上位3校で、準決勝は22日に、決勝と3位決定戦は23日にいずれも長良川球場で行われます。

20日の結果                                       【長良川球場】                                      岐阜第一9対4大垣商業                                  大垣日大1対0帝京大可児                                 【大垣北公園野球場】                                  中京11対1(6回コールド)関商工                           県岐阜商業9対2(8回コールド)美濃加茂

関連記事