ニュース

  • ニュース一覧
  • 第49回衆議院議員選挙19日公示、各陣営とも準備を加速

第49回衆議院議員選挙19日公示、各陣営とも準備を加速

4年ぶりとなる衆議院議員選挙で、県内5つの小選挙区には合わせて16人が立候補を予...

 4年ぶりとなる衆議院議員選挙で、県内5つの小選挙区には合わせて16人が立候補を予定していて、各陣営とも準備を加速しています。

 このうち岐阜3区は前職と元職の一騎打ちとなる見込みです。

 18日の朝は一気に冷え込みましたが、この日66歳の誕生日を迎えた自民党・前職の武藤容治さんは、午前7時から地元各務原市内の街頭に立って通勤客らにあいさつし、5回目の当選を目指して、支持を訴えました。

※武藤容治氏
 「岸田さんが発表したこれからの思いというものを公約という形にまとめて、しっかりとこの政策を実現にスピードアップをして、加速化して結果を出していく。私もいよいよ明日からしっかりとみなさんとこの危機感というものを共有化させていただきながら、しっかり戦っていきたい」

 7年ぶりの国政復帰を目指す立憲民主党・元職の阪口直人さん53歳は、16日に事務所を開きました。

 新型コロナ対策で参加者はスタッフら最小限にとどめましたが、阪口さんは力強く意気込みを語りました。

※阪口直人氏
 「政治家の役割は決して人の上に立つことではない。困ってらっしゃる方々を下から支えることが政治家の役割であり、そして、この役割を私自身がなんとしても担わなくてはならない。こんな強い思いで今回の選挙に挑んでいます」

 政府の新型コロナ対策や経済対策が最大の争点となる衆議院選挙は、19日公示され、31日に投票、即日開票されます。

関連記事