ニュース

  • ニュース一覧
  • 中津川市・リニア中央新幹線  総合車両基地が着工 関係者が安全祈願

中津川市・リニア中央新幹線  総合車両基地が着工 関係者が安全祈願

リニア中央新幹線の開業後、車両整備などの拠点になる「中部総合車両基地」の工事に関...

 リニア中央新幹線の開業後、車両整備などの拠点になる「中部総合車両基地」の工事に関する安全祈願式が、中津川市で開かれました。

 14日、安全祈願式が行われ、JR東海の新美憲一・執行役員や中津川市の青山節児・市関係者44人が出席し、工事の安全を祈願しました。

 JR東海は東京の品川と名古屋の間に2か所の車両基地を設ける予定です。

 そのうちの一つ、中部総合車両基地では車両を留め置いたり検査したりするほか、工場では新しい車両の組み立て作業や分解しての検査などを担います。 

 造成面積はおよそ50ヘクタールとされています。

※インタ JR東海 新実憲一 執行役員
 「工事の安全、環境の保全、地域との連携を重視いたしまして、しっかりと取り組んでまいりたい」

※インタ 中津川市 青山節児 市長
 「『中津川市に中部(総合)車両基地あり』と私どもも胸を張って、皆さんにお伝えできるよう期待している」

 車両基地は2025年9月の造成完了を目指しています。

関連記事