ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜市柴橋市長 2022年度の予算編成方針を発表

岐阜市柴橋市長 2022年度の予算編成方針を発表

岐阜市の柴橋正直市長は2022年度の予算編成について、コロナ対策を最優先に選ばれ...

 岐阜市の柴橋正直市長は2022年度の予算編成について、コロナ対策を最優先に選ばれるまちづくりを柱とする方針を明らかにしました。

 予算方針は13日、市役所で職員に向けて示されたものです。

※柴橋正直市長
 「雇用、そして産業というのは岐阜市政にとってはウィークポイントである。ここにしっかり力を入れていくことによって『こどもファースト』と『ワークダイバーシティ』が選ばれるまち岐阜市の両輪になる重要なテーマだと捉えているので新年度の予算編成にあたってはこの分野を重点的に取り組んでいただきたい」

 岐阜市によりますと、市税は今年度当初に比べ13億円の増収が見込まれるものの、コロナの影響を受ける前と比べると数十億円少なく依然として厳しい状況が続くとみています。

 一般会計は今年度当初より20億円少ない1750億円ほどとなる見通しが示されました。

 このうち新型コロナ対策はほかの事業費とあわせて22億円を見込んでいます。

関連記事