ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜市スタートアップ支援事業 相談窓口センター長に大原さん就任

岐阜市スタートアップ支援事業 相談窓口センター長に大原さん就任

ことし7月に岐阜市が開設した起業や経営改善の相談に無料で応じる「スタートアップ相...

 ことし7月に岐阜市が開設した起業や経営改善の相談に無料で応じる「スタートアップ相談窓口」のセンター長に就任した大原基秀さんが意気込みを語りました。

 相談窓口はことし7月、岐阜市が起業支援の拠点としている「Neowork‐Gifu」内に開設したもので、各関係機関と連携しながらワンストップで相談から起業後まで無料で支援します。

 10月から本格運用するにあたってセンター長を公募で募集し、約30件の申し込みがありました。

 選任された大原さんは岐阜市出身の43歳で、慶応義塾大学を卒業後、MBAを取得し、経営コンサルタントとして活動しています。

※大原基秀さん
 「新しいことにチャレンジしようとか、新しいことに取り組もうという方もたくさんいらっしゃいますし そういった方々の思いを形にしていく、そして成果を出していくのが私の使命かなと思っています」

 センター長の任期は2022年3月末までの半年間で、年間の相談件数は延べ1200件を目指します。 

関連記事