ニュース

  • ニュース一覧
  • 年金振込通知書約97万件誤送付 大垣市の委託業者が謝罪

年金振込通知書約97万件誤送付 大垣市の委託業者が謝罪

愛知県や三重県などの年金受給者に本人のものではない内容の年金振込通知書が送られた...

 愛知県や三重県などの年金受給者に本人のものではない内容の年金振込通知書が送られた問題で、大垣市の委託業者が印刷工程でミスがあったと謝罪しました。

 この問題は、日本年金機構が誤った年金振込通知書を約97万2000件送り、基礎年金番号や受給額などの個人情報が漏れたものです。

 7日午前、後藤厚生労働大臣が謝罪しました。

※後藤厚生労働大臣
 「私からも深くおわびを申し上げたいと思います。しっかりと指導、監督をしてまいりたい」

 大垣市にある委託業者サンメッセによる印刷工程でのミスが原因ということです。

 担当者は表面に記載された受給者とは違う人物の情報を誤って裏面に印字したと説明しました。

 そのうえで「あってはならないことで、大変ご迷惑をおかけしました。心より謝罪申し上げます」とコメントしました。

関連記事