ニュース

  • ニュース一覧
  • 十六フィナンシャルグループ発足 持ち株会社体制へ移行

十六フィナンシャルグループ発足 持ち株会社体制へ移行

十六銀行は、1日から持ち株会社体制の「十六フィナンシャルグループ」に移行しました...

 十六銀行は、1日から持ち株会社体制の「十六フィナンシャルグループ」に移行しました。

 事業領域の拡大と収益の多角化を目指します。

 十六フィナンシャルグループ(FG)は、十六銀行の単独株式移転により設立され、傘下の十六銀行を筆頭に、十六ビジネスサービスや、十六総合研究所などを置きます。

 これにより、事業領域を拡大させ、収益の多角化を目指します。

 開業にあたり、十六フィナンシャルグループの池田直樹社長は、「苦難の歴史も地域の支えで乗り越えてきた。これからも、地域の為に精一杯働く」と抱負を述べ、地域産業の魅力向上に力を注ぐとしました。

※十六FG 池田直樹社長
 「他業種の方と一緒に手を組んでいけることが、たくさんあるのではないか。従来の銀行の枠にとらわれないことができるのではないか。銀行業を強くするために、地域の活性化に資する、そういった観点でやっていきたい」

 本社ビルの社名看板も一新。

 3つの輪を表現したシンボルマークには、地域社会との持続的な共存への思いが込められています。

関連記事