ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県の大垣共立銀行 将来の医療費を自ら積み立てる「健康口座」提供へ

岐阜県の大垣共立銀行 将来の医療費を自ら積み立てる「健康口座」提供へ

岐阜県の大垣共立銀行は11月から、医療費の増大に備えて自ら積み立てる専用口座「健...

 岐阜県の大垣共立銀行は11月から、医療費の増大に備えて自ら積み立てる専用口座「健康口座」を提供します。

 大垣共立銀行が11月から提供する「健康口座」は、将来必要となる医療費を自ら積み立てる専用口座です。

 医療費の立て替え払いや高額医療支出もカバーできる新サービスで、金融機関が提供するのは初めてだということです。

 連携協定締結式が28日行われ、大垣共立銀行と口座の開発に関わった日本メディカルビジネス、それに同じく健康口座を提供する大垣西濃信用金庫の関係者が協定書に署名しました。

 3者は口座の運営や医療機関との連携を実際に確認するため、大垣市とも協定を結びました。

 11月1日から、大垣市民病院で「医療費立替払い」の実証実験が行われます。

関連記事