ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県選管と市町村選管 衆院選に向けオンライン会議 コロナ対策など確認

岐阜県選管と市町村選管 衆院選に向けオンライン会議 コロナ対策など確認

次期衆議院議員選挙に向けた岐阜県と県内市町村の選挙事務担当者によるオンライン会議...

 次期衆議院議員選挙に向けた岐阜県と県内市町村の選挙事務担当者によるオンライン会議が22日開かれ、新型コロナウイルスの感染防止対策など注意事項を確認しました。

 会議は新型コロナの感染拡大を踏まえオンラインで行われ、県選挙管理委員会と42市町村の選管担当者が出席しました。

 今回の衆院選はコロナ禍で行われる最初の国政選挙になることから、挨拶した県選管の吉川尚文書記長は「県民が安心して投票所に来られるよう感染防止対策の徹底を図り、周知していく必要がある」と話しました。

 また、新型コロナに感染して隔離中の患者が対象となる特例の郵便投票について、希望する人は投票日の4日前までに請求する必要があるため、県選管の担当者は問い合わせへの速やかな対応を呼び掛けました。

 なお投票用紙などの選挙資材は9月27日に市町村に発送されるということです。

関連記事