ニュース

  • ニュース一覧
  • 台風14号、18日昼前から夕方にかけて岐阜県に最接近のおそれ

台風14号、18日昼前から夕方にかけて岐阜県に最接近のおそれ

台風14号は18日昼前から夕方にかけて、岐阜県に最も接近するとみられます。 気象...

 台風14号は18日昼前から夕方にかけて、岐阜県に最も接近するとみられます。

 気象台は土砂災害などに注意・警戒を呼びかけています。

 台風14号は午後7時ごろ、観測史上初めて、福岡県に直接上陸しました。

 午後10時現在、山口県周防灘を東に進んでいます。

 岐阜県には、18日昼前から夕方にかけて最も接近するとみられています。

 台風の接近に備えて下呂市小坂町川井田地区では、土のう約100袋が準備されました。

 去年の豪雨で大きな被害を受けたことから住民は、早めに準備をしたいと話します。

※住民
 「心配しています。風によって飛びやすい物は片付けようと思います」

※住民
 「去年は本当にひどかったので、今年はそんなことがないように台風が静かに通っていってくれれば良いと思います」

 岐阜県では大気の状態が非常に不安定となり、18日昼過ぎにかけて大雨になるところがある見込みです。

 18日1時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、美濃地方で40㍉、飛騨地方で30㍉と予想されています。

 また、18日午後6時までの24時間に降る雨の量は、多いところで130㍉と予想されています。

 気象台は土砂災害や低い土地の浸水などに注意・警戒を呼びかけています。

※記事の内容を更新しました

関連記事