ニュース

岐阜県選挙管理委員会 衆院選管理事務室を設置

岐阜県選挙管理委員会は16日、10月にも実施される次期衆議院選挙に向けて管理事務...

 岐阜県選挙管理委員会は16日、10月にも実施される次期衆議院選挙に向けて管理事務室を設置しました。

 衆議院選挙の期日は決まっていませんが任期満了まで約1カ月となり、県選挙管理委員会は管理事務室の看板を掲げました。

 現在は12人体制ですが、今後、数人を増員して受付や速報などの準備とコロナ禍に対応した投票の啓発にあたります。

※県選挙管理委員会 吉川尚文書記長
 「準備を万全にしていかなければならないが、今回は特にコロナ禍での選挙とあり、市町村選管の方とともに投票所のコロナ対策、あるいは今回新たに始まる(コロナ患者らを対象にした)特例郵便投票制度の周知もしっかりと取り組んでいきたい」

関連記事