ニュース

自民総裁選 野田聖子幹事長代行出馬へ

 17日に告示される自民党総裁選挙に、衆議院岐阜1区選出の野田聖子幹事長代行が立候補を表明しました。

 野田幹事長代行は16日午後5時半から記者団の取材に応じ、総裁選の立候補に必要な20人の推薦人を確保できたとして、立候補の意向を表明しました。

※野田聖子幹事長代行
 「総裁選(立候補)に必要な推薦人20人を整えていただき、総裁選に出馬させていただくことになった。これから日本が求められているのは多様性。人口減少や高齢化の中で、次の日本をつくるために、これまで主役になれなかった女性、子ども、高齢者、障害者が、この社会で生きていける、そして生きる価値があるという保守の政治を自民党の中で作り上げていきたい」

関連記事