ニュース

  • ニュース一覧
  • 【12日・市町別詳報】岐阜県で64人感染確認、1人死亡 可児市の保育園関連で園児とその家族ら15人に感染広がる

【12日・市町別詳報】岐阜県で64人感染確認、1人死亡 可児市の保育園関連で園児とその家族ら15人に感染広がる

岐阜県と岐阜市は12日、新型コロナウイルスの感染が新たに64人確認され、1人が死...

 岐阜県と岐阜市は12日、新型コロナウイルスの感染が新たに64人確認され、1人が死亡したと発表しました。

 県内では12日、先週の日曜日と比べて100人少ない64人の感染が確認されました。

 感染者が100人を下回るのは8月10日以来です。

 死亡したのは岐阜市の80代の女性で、県内の死者は合わせて207人になりました。

 11日時点の自宅療養者は61人で、病床使用率は53・3%です。

 一方、12日は新たに5件のクラスター(感染者集団)が認定されました。

 このうち可児市の保育園に関連して、園児とその家族15人に感染が広がりました。

 大人数で集まって会食をしていて大半は外国籍ということです。

 このほか大垣市でも、外国籍の家族の会食により6人の陽性が判明しました。

 また、既にクラスターに認定されている土岐市の高齢者福祉施設では、新たに1人が再検査で陽性とわかりました。

 県内の感染者数は合わせて1万7540人に、死者は207人となりました。

 感染者64人の内訳は、可児市が13人、岐阜市が9人、大垣市が7人、北方町が5人、土岐市が4人、関市・瑞穂市が3人ずつ、多治見市・美濃加茂市・各務原市・本巣市が2人ずつ、高山市・中津川市・瑞浪市・羽島市・海津市・岐南町・養老町・垂井町・関ケ原町・輪之内町・揖斐川町・池田町が1人ずつです。

 隣県の新規感染者数は、愛知県が855人、三重県が60人です。

関連記事