ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県御嵩町、リニア工事の残土処分場を容認 JR東海と協議へ

岐阜県御嵩町、リニア工事の残土処分場を容認 JR東海と協議へ

※画像は資料です リニア中央新幹線の工事などで出る残土の処分場を、岐阜県可児郡御...

※画像は資料です

 リニア中央新幹線の工事などで出る残土の処分場を、岐阜県可児郡御嵩町内に建設する計画について町は、受け入れる前提でJR東海と協議を進めることになりました。

 JR東海は、リニア中央新幹線のトンネル工事などで出る残土の処分場を町内2か所に設ける計画を示し、これに対して町は、JR側の環境保全策が不十分だとして拒否する考えを示していました。

 御嵩町の渡辺公夫町長は、専門家の意見を聞いたうえで一定の理解はできたとして一転、受け入れる前提で協議を進める考えを明らかにしました。

※御嵩町 渡辺公夫町長
 「受け入れを前提とした協議をしていきたい。JR東海さんには丁寧な仕事、丁寧な説明をすることを求めていきたいと思います」

 JR東海は「現在行っている現地調査の結果を踏まえ、町と協議を進めていきたい」とコメントを出しました。

関連記事