ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県内の高校、高3のみ13日から対面授業再開へ

岐阜県内の高校、高3のみ13日から対面授業再開へ

緊急事態宣言の期限を迎える9月13日以降の岐阜県内の高校の対応について、岐阜県教...

 緊急事態宣言の期限を迎える9月13日以降の岐阜県内の高校の対応について、岐阜県教育委員会は8日、進学や就職を控える高校3年生のみ対面授業を再開する方針を示しました。

 これは感染症の専門家や教育関係者らでつくる協議会で示されたものです。

 岐阜県内では、夏休み明けから9月12日まで全ての高校で原則、オンライン授業を行っています。

 会議で県教委は9月13日以降の対応について、例年10月から12月の間に7割の生徒が就職や推薦入試で進路を決めるため、オンライン授業が続けば進路に支障がでるおそれがあるとして、高校3年生のみ対面授業を再開する方針を示しました。

 一方、1年生と2年生は引き続きオンライン授業とし、修学旅行を含む学校行事は延期または中止、部活動についても原則休止を続けます。

 会議で感染症の専門家は、対策を徹底すれば対面授業は可能だと理解を示し、「下校後の生徒の生活の変化にも注意が必要」と警戒を呼び掛けました。

 なお、小中学校については、現在の取り組みを継続するよう県内の市町村教育委員会に通知する方針です。

※画像は資料です

関連記事