ニュース

【7日・市町別詳報】岐阜県で200人感染

岐阜県と岐阜市は7日、新型コロナウイルスの感染が新たに200人確認されたと発表し...

 岐阜県と岐阜市は7日、新型コロナウイルスの感染が新たに200人確認されたと発表しました。

 新規感染者が200人以上となるのは4日ぶりで、県内の感染者は合わせて1万6906人となりました。

 岐阜県で7日に、新たに確認された感染者は、1週間前の火曜日に比べて122人少ない200人で、8日連続で前の週の同じ曜日を下回りました。

 重症者は6日から1人減って21人に、また、6日時点の自宅療養者は前の日から88人減って261人となっています。

 一方、宿泊療養施設には888人が入所していて使用率は69・9%です。

 7日は新たなクラスター(感染者集団)が7つ認定されました。

 県はまた、感染者の中に愛知県常滑市で開催された野外音楽イベントに参加していた人が複数いることも明らかにしました。

 いまのところイベントへの参加と感染の関連は分かっていません。

 感染者200人の内訳は、岐阜市が40人、大垣市が31人、可児市が15人、多治見市・各務原市が14人ずつ、羽島市・土岐市が9人ずつ、海津市が7人、関市・中津川市が6人ずつ、高山市が5人、美濃市・美濃加茂市・瑞穂市・郡上市・岐南町・安八町が4人ずつ、北方町が3人、恵那市・山県市・笠松町・養老町・大野町・坂祝町が2人ずつ、飛騨市・下呂市・輪之内町・池田町・白川町が1人ずつです。

 隣県の新規感染者数は、愛知県が1218人、三重県が120人です。

関連記事