ニュース

  • ニュース一覧
  • 東京パラ車いすバスケ男子が銀メダル アメリカに逆転許し惜敗

東京パラ車いすバスケ男子が銀メダル アメリカに逆転許し惜敗

 東京パラリンピックは最終日の5日、車いすバスケットボールの男子の決勝が行われ、岐阜県垂井町出身の秋田啓を擁する日本は、アメリカに60対64で敗れて銀メダルでした。

 岐阜県ゆかりの選手のメダル獲得は今大会2人目です。

 試合は一進一退の攻防が続き、第4クオーターで日本は一時リードを広げましたが、アメリカの多彩な攻撃に逆転を許して敗れました。

 アメリカは2連覇です。

 この試合も秋田はスタメン出場し、攻守で貢献しました。

 試合後「接戦に持ち込めていい試合になった。また面白いバスケを見せられるよう頑張りたい」と語りました。

 古田肇知事はコメントを出し「秋田選手がゴール下で奮闘する姿は、県民に勇気と感動を与えてくれました」とたたえました。

関連記事