ニュース

  • ニュース一覧
  • 新型コロナ対策に20億円の補正予算案 岐阜市議会定例会が開会

新型コロナ対策に20億円の補正予算案 岐阜市議会定例会が開会

岐阜市議会の9月定例会は2日開会し、新型コロナ対策として20億円を盛り込んだ一般...

 岐阜市議会の9月定例会は2日開会し、新型コロナ対策として20億円を盛り込んだ一般会計補正予算案などが上程されました。

※柴橋正直市長
 「新型コロナウイルス感染症の長期化により先行きの見通しが不透明な状況下ではあるが、今後も感染症対策を最優先として取り組むとともに、財政規律の堅持に意を用いつつ、岐阜を動かす未来への投資を着実に推進していきたい」

 上程されたのは、総額約39億8000万円の一般会計補正予算案など16議案です。

 このうち、コロナ対策としてワクチン接種の業務やキャッシュレス決済のポイント還元の事業費約10億円が盛り込まれています。

 また、長良川鵜飼の観覧船の一部を高級な屋形船に改修する費用に約1500万円を計上しました。

 一般質問は13日から16日まで行われます。

関連記事