ニュース

  • ニュース一覧
  • ホテルで業務体験「もてなし」学ぶ 岐阜県の高山信用金庫職員

ホテルで業務体験「もてなし」学ぶ 岐阜県の高山信用金庫職員

岐阜県高山市の高山信用金庫の職員が、市内のホテルで業務を体験し、もてなしを学びま...

 岐阜県高山市の高山信用金庫の職員が、市内のホテルで業務を体験し、もてなしを学びました。

 高山信用金庫は2年前から、職員が金融業務以外にも広い視野を持ち見識を深めてもらおうと、異業種研修に取り組んでいます。

 高山市花岡町のひだホテルプラザでは4人が研修。

 チェックイン前の客室で行う最終確認では、照明器具などの室内器具や甚平のサイズと枚数の確認、また、茶器に汚れや不備がないかなど、宿泊客が心地よく過ごせるよう細部までの確認を繰り返しました。

※駅西支店 架場一弘さん 
 「今日の経験をいかし、今まで以上にお客さまに対してきめ細かいサービスを提供していきたい」

※新宮支店 小森裕子さん
 「思っていた以上に、チェック項目が多く、どれもお客様をもてなすためでした。金庫(支店)に持ち帰って今後の仕事にいかしていきたい」

※画像を一部加工しました

関連記事