ニュース

  • ニュース一覧
  • 2年ぶり実施「全国学力テスト」 岐阜県の中3、全国平均上回る

2年ぶり実施「全国学力テスト」 岐阜県の中3、全国平均上回る

小学6年生と中学3年生を対象とした2021年度の「全国学力テスト」の結果が公表さ...

 小学6年生と中学3年生を対象とした2021年度の「全国学力テスト」の結果が公表され、岐阜県内の中学3年生は全国平均を上回りました。

 2年ぶりに行われた全国学力テストには、県内では公立549校の小学6年生と中学3年生、約3万3000人が参加。

 「国語」と「算数・数学」の2教科が行われました。

 中学3年生の平均正答率は、国語は65%で全国順位は12位、数学が59%で5位と全国平均を上回りました。

 一方、小学6年生の平均正答率は、国語が63%で34位、算数が69%で26位と全国平均を下回っていました。

 新型コロナの影響を調べるため、学習状況についても聞きました。

 「将来の夢や目標」について「ある」と答えた児童生徒は、「コロナ前」の2019年度と比べて小学校で3・3%、中学校で0・9%減少しました。

 一方で、学校や児童生徒同士の関係が「良くなった」と感じたり、「困っている人がいたら助ける」と答えたりした児童生徒の割合は増えていて、県は「コロナ禍でさまざまな協力関係が生まれた結果では」と分析しています。

※画像は資料です

関連記事