ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜新聞創刊140年記念シンポ  地方紙の使命考える

岐阜新聞創刊140年記念シンポ  地方紙の使命考える

岐阜新聞の創刊140年を記念するシンポジウムが27日、岐阜市で行われました。 シ...

 岐阜新聞の創刊140年を記念するシンポジウムが27日、岐阜市で行われました。

 シンポジウムは「つたえる、つながる 地方紙の使命と地方創生」をテーマに行われ、約150人が来場しました。

 矢島薫社長が「ニュースを伝えるだけでなく県民の意見を聞いて、つながりたい」とあいさつし、直木賞作家の安部龍太郎さんは、著書「家康」を踏まえながら社会と国家の在り方について講演しました。

 パネルディスカッションで岩手日報社東根千万億社長は「東日本大震災の教訓を次なる大災害で生かしてもらえる報道を続けたい」、琉球新報社の玻名城泰山社長は「地方が大切にされてこそ本来の国が形作られる。地方紙の責務は大きい」とそれぞれの報道姿勢を示しました。

関連記事