ニュース

岐阜県高山市の小中学校は分散登校で始業

新型コロナの感染拡大が続く中、岐阜県高山市の小中学校では26日から、夏休み明けの...

 新型コロナの感染拡大が続く中、岐阜県高山市の小中学校では26日から、夏休み明けの授業が再開されました。

 高山市新宮町の新宮小学校です。

 登校したマスク姿の児童の検温カードを教職員が確認します。

 各教室のテレビを通して行った「前期後半はじめの会」で、前原雅樹校長は「人と距離を取り、人に触れない、大きな声を出さないように」と感染予防を呼び掛けました。

 27日から緊急事態宣言の対象地域になることから、新宮小学校では各クラスを2つのグループに分けて、一日おきの分散登校を9月3日まで行います。

※1年生の児童
 「コロナにかからないように、元気に、気を付けて学校に来ます」

※新宮小学校 前原雅樹校長
 「いま(コロナの)感染力が特に強くなっている。距離とか大きな声を出すとか、すこし甘くなっているところを徹底していきたい」

関連記事